image01
特集

スプリアス規格と無線機器

必要周波数帯の外側に発射される不要な電波を意味するスプリアス発射の規格は世界無線通信会議において定められた無線通信規則のなかで規定されています。この規格を基本に世界中の無線機器はつくられています。

旧スプリアス規格の無線機器は使用できなくなります。

世界無線通信会議において1997(平成9)年から取り組まれた新しいスプリアス規格の改正を受けて、総務省は平成17(2005)年12月に無線設備規則を改正しました。

新規則は不必要な電波(不要発射)をできる限り低減させることによって電波利用環境の維持・向上及び電波の有効利用の推進を図るとの考え方から、スプリアス発射をより制限した内容となります。

新規則に基づき、平成34(2022)年12月1日以降は新規則の条件に適合した無線機器でないと使用することができなくなります。したがいまして、旧規則に基づく無線機器(平成19(2007)年12月以前に導入されたものは特に注意)の使用期限は平成34(2022)年11月30日となります。また、旧スプリアス規格の無線機の再免許後の免許期限は一律に平成34(2022)年11月30日となり、旧スプリアス規格の無線機は新たに免許を取得することができません。

お問い合わせ・資料請求

日神電子の信念

昭和49年の創業以来、業務用無線の販売・免許申請・修理・工事など、
お客さまに必要なソリューションをお客さまの立場でご提案しております。
実機を使用した通信テストやデモンストレーション・納品時の組立やご説明などが不要な場合は、
直送値引きが適用でき、過剰なサービスを除外し、その分リーズナブルにご提供することも可能です。

このような業界におすすめ

ガス会社 大手ガス会社からはじまった新スプリアス化・デジタル化の取り組みは中小ガス会社においてもスタートしています。
水道事業 スプリアス対応きっかけに広域無線を検討する事業者様が増えています。こられの無線機の中にはが従事者資格不要、免許不要で利用でき製品もあります。
工場(危険物) 特殊な無線機の一つである防爆仕様の無線機も旧スプリアスのものは交換の対象となります。リピータ方式の無線機を採用することで1Wの出力でも大きいなエリアを確保することができます。

おすすめ製品例

無線・監視カメラのことなら、
日神電子にお任せ下さい。

日神電子株式会社は、昭和49年創業以来、
通信映像システムのエキスパートとして、多くのお客様にご支持いただいております。
数少ない登録点検事業者でもあり、販売・保守・工事なども一括しておこなっております。

お問い合わせ・資料請求